このままの日本に未来はない

あなたは世界の中心だ!

Local ⇔ Global



国民が情報発信する側に立つと
日本は変わる!


心の武装 こうすればこうなると言う確信

 インターネットは、「私が世界の中心だ!」と言う構造になっています。このことがイメージできると意識は一変します。個人も企業も国家もネット上では1に過ぎません。ここに小が大を制する機略があります。ご存じですか?裏(情報)で表(現実)を変えられることを。


情報を制する者が世界を制する

 インターネットが出現してわずか20年、Google、Amazon.com、Facebook、Apple Inc.の4つの主要IT企業(GAFA )に情報が集中し、世界を支配するまでになっています。国家よりもこのグローバル企業の論理に従わざるを得ない状況にあります。これに抗して生きるには、私たちひとり一人が自分の情報を自分でコントロールできるスキルを身につけ、自立し、Person to Personの関係から始まるグローカル(お互いさま)なネットワーク(共同体)をつくります。情報の共有とシェアリングすることで、富の分散化を図ります。この実例が日本の農村社会の生き方にあります。結いの経済です。


裏から表を変える

 想像してみてください!何もかも飲み込んで行くブラックホールのように、今、コンピューターが現存するモノやコトをどんどん飲み込んでいます。まさに、もう一つの現実が、コンピューターに集積され、現実と相待する裏の世界が形成されています。この裏の世界が、インターネットで結ばれたことにより、私たちの意思で現実を大きく変えられるようになりました。


あなたは世界の中心だ!

 あなた、あなたの会社、あなたの製品、あなたの住む地域、既に世界の中心に置かれています。これがインターネット。主体者がその中心にいる構造になっています。ある時は主、また、ある時は従、お互いに補完するグローカルな関係になっています。

自立したそれぞれが個性を発揮し、足りない分をお互いに補完しながら共同体を構成し、お互いさまの関係(Glocal local⇔global)になると、世界は大きく変わります。


ネットに自分のタネを蒔く!情報発信する側に立つ

 ネットワークの形成は、自然が万物を生成させるようにゆったりとした成長過程を辿ります。従って、性急な成果は期待できません。仮想空間に、どんな種を、どのフィールドに蒔き、何を収穫したいのかはっきり分かっている人は、手入れを怠りません。その分野でのポテンシャルを増し、優位性を持って事業ができます。これがネット生成の歩みです。こうすればこうなると言う確信をつかめれば、ダイナミックに未開の分野に挑んでいけます。地方から日本は変わります。



一社一頁運動のススメ!

 インターネットのマーケティング機能を最大限に活かすには、自分のオリジナルを開発することです。その違いを一枚のホームページにまとめ、公開するとお客様とのやりとりが始まります。一つの企業に、一つの企画に、一つの商品に、一枚のホームページ。この一品一頁の考え方が、一社一頁運動です。日本人ひとり一人が情報発信側に立つと日本は大きく変わります。


成長戦略 自分の製品を自分の販路で売る

 他社の管理するポータルサイトに加入しても、制約に縛られ、自分の思うような成果は期待できません。自由に自分が表現できる自分のホームページが必要です。インターネットは、主体者だけに引合情報が集まり、お客様が集まり、富の集中を助長させます。従って、日本人ひとり一人が情報発信する側に立つと日本は大きく変わります。


 → 情報銀行という概念が分かるとあなたの未来が見えてきます。


仕事はインターネットの中にある 仕事は言葉の中にある

 ホームページはあなたのコピーです。あなたの何をコピーしますか?あなたのビジネスはどんな言葉の組み合わせの中にありますか?ホームページに何を語らせ、お客に何をさせたいのか?この戦略的ホームページがビジネスのカギを握ります。情報が人を動かし、上手く運用すると売ることから開放され、マーケティングしながら、作ることに専念でき、ひとりでに売れる仕組みが実感できます。


 → 共感のネットワーク 人は命令や権威では動かない。


 20年前、インターネットが出現した時、多くの経営者は、やっと自分のメディアが手に入った!やっとこれで自分の販路が手に入る!と喜びと期待を持ったものです。

インターネットを上手く使えた経営者は、ローコストで収益性の高い経営に移行できました。しかし、多くの経営者はインターネットに旧来の仕組みや制度を持ち込んだだけで、上手く生かせていません。

インターネットは、表の世界を情報化し、裏の世界で運用し、その引合(レスポンス)を表の世界でお金にします。表の世界は週40時間が稼働時間。残りの時間は経営からするとロスタイムです。事業をするためのコストは、24時間365日掛かっています。このロスタイムを埋めたのがインターネットです。従って、インターネットは経営にはもう欠かすことはできません。この24時間365日体制の広告と販売の自動化を如何に実現させるか。この情報技術がこれからの経営のカギを握っています。


 → こうすればこうなると言う確信(ビジョン)を持つと展望が見えて来ます!


 ホームページでお金になった!情報がお金になった!と言う”驚きと喜び”を経営者が一度味わうと、”そうだ!これだ!これが経営だ!”と経営者の本能に火がつくものです。このキッカケづくりが私たちの言う”一社一頁運動”です。こんな経営者がお互いに結ばれるとお客や仕事を紹介したりされたりするお互いさまの経済圏が形成されます。お金に頼らないお互いさまの経済システムです。


シェアするほどに豊かになる お互いさまの経済

 この情報は、自分には無意味でも、あの人にとってみれば「価値がある!」と言うケースはよくあることです。自分ではお金にできない引合情報を誰に渡してやるか、この度量とこれをシェアする仕組みがあれば、おかげさま、お互いさまと言える社会が実現します。日本文化「結い」の暮らしです。

情報の貸し借りに証文は残しません。情報は情報で報いる。仕事は仕事で返す。この価値交換は、お金に質を求めない国際金融資本の暴走にブレーキを掛け、自己完結、地域完結型の経済活動を可能にします。お互いさまの経済が富の一極集中を阻止します。これは全てをお金に頼らずとも、豊かな暮らしや経営ができることを意味します。結いの経済システムは、世界の経済を人類のために大きく変えるパワーを持っています。


 → 分かち合うほどに豊かになる社会 結いの経済


コピー戦略 お客の心をわしづかみ!


一社一頁運動 Glocal21


結いの経済のススメ!地域共同体

北海道 青森県 岩手県 宮城県 秋田県 山形県 福島県 茨城県 栃木県 群馬県 埼玉県 千葉県 東京都 神奈川県 新潟県 山梨県 長野県 富山県 石川県 福井県 岐阜県 静岡県 愛知県 三重県 滋賀県 京都府 大阪府 兵庫県 奈良県 和歌山県 鳥取県 島根県 岡山県 広島県 山口県 徳島県 香川県 愛媛県 高知県 福岡県 佐賀県 長崎県 熊本県 大分県 宮崎県 鹿児島県 沖縄県




 一社一頁運動 Glocal21は、(有)産広シーアールが運営しています。ダイナミックなインターネットの使い方を知らない事業者がまだまだ多くおられます。これを知れば仕事の仕方が大きく変わります。インターネットの商用利用に確信が持てれば、成長が見込めます。多くの経営者にインターネットの醍醐味を知っていただき、インターネットで仕事になった!と言う驚きと喜びを、一人でも多くの経営者に味わっていただきたい。中小商工業者が日本を変えます。


ふるさと活性化プロジェクト 一社一頁運動!

借り手と貸し手でつくる大家ネット

ライフライン&セイフティネット
the United People of the World


クリア・ウオーター・リバイバル
水につながるふるさと
Clear Water Revival from Azumino,Shinsyu

(C)インターネット安曇野