情報のオープンネットワーク

あなたは世界の中心だ!

Glocal
Local ⇔ Global

個人も、企業も、国家も、
インターネット上では1に過ぎず、すべてが同格、
だから、小が大に勝てる
今こそ、ネットの主権を取り戻す!

私たちが情報発信する側に立ち、
オープンネットワークを組めるようになると
デジタル民主主義が働き、
日本は自立できる。



令和の自由民権運動

 インターネットは、「私が世界の中心だ! 」と言う構造になっている。誰からも支配されず、自由で対等な立場にある。しかし、現実は、ネット商社(GAFA)の作ったネットワークに閉じ込められ、あるべき自由と権利を失っている。

 これに抗するには、元々、神代より日本人は、天之御中主神(あめのみなかぬしのかみ)の宇宙観から始まっている。インターネットでも、我ここにあり!と情報発信することから始めよう!そして、みんなと手を結ぼう!バラバラにされた共同体を取り戻そう。もう一度、誰にも支配されることのないデジタル民主主義を取り戻そう。


 → 個性を失うと全体に飲み込まれてしまう


日本人が情報発信する側に立ち、ネットワークを組むとデジタル民主主義が動き出す

 5G時代、インターネット環境がどんなに進歩しても、国民が情報発信する側に立たない限り、ネットの主権を失い、大きなもの(グローバリズム)に支配されたり、搾取されてしまう。日本人が自立してオープンネットワークを組めるまで民度が上がるとそれに伴って民力も上がる。


新しい資本主義

 自分のドメイン(事業領域)から外れた仕事をできる人に無償でシェアする。この無限連鎖のループから共生資本が生まれる。原資は情報。シェアする心から生まれる結いの人間関係資本。基本は情報の give and take なので、お金は動かない。しかし、情報を受けた事業者は自分の仕事としてお金にすることができる。この仕事の借りをお金ではなく仕事で返す。情報によってYes or Noを繰り返す構造だから、このフローに物言う株主が入り込む余地はない。従って、お金でこの経済システムを動かせる管理者は一人もいない。


 想像してみてください!何もかも飲み込んで行く、ブラックホールのように、今、コンピューターが、現存するモノや制度をどんどん飲み込んでいる。まさに、もう一つの現実が、コンピューターに集積され、現実と相待する裏の世界が形成されている。裏の世界が、インターネットで、結ばれたことにより、私たちの意志で、裏から現実を変えられるようになった。


 → 消費者と生産者でつくるマーケティングシステム


分かち合うほどに豊かになる

 伝えたい情報を必要としている人にきちんと伝え、そのレスポンスをお金にできる人がお金にし、できなかったらできる人にシェアする。共同営業し合うシェアリングエコノミーの共益圏になる。このOSは、農村社会の共同体の生き方「結い」に起因する。このシェアリングエコノミーにはお金のやり取りはない。


 → 米を作り水を守る安曇野特区構想


HP住民がDX住民になる

 住民が情報発信する側に立つと地域で共同受注、相互客付けなどができる。お互いに営業したりされたりすることもできる。人や情報を管理するネット情報技術は急激に進歩しているが、それを使う人の心が、give and give 優しくないと格差を助長する。このヒューマンウェア(OS)が、「Yuimix - ユイミックス」だ。


 全国池田商工サミット 基調講演「一社一頁運動と情報銀行のススメ!
中小企業の弱点を助ける相互営業事業
商工会の役割 月刊誌「商工会」 IT特集 対談 全国商工会連合会 発行 8月号(通巻 505号 2001)

 → 地域づくりの成長戦略 地域製品を地域販路で売る住民のネット習慣


日本人がデジタルトランスフォーメーション(DX)を起こすと

 経済財政諮問会議では、ポストコロナの我が国の課題として極めて重要な「デジタル化の加速」と「新たな人の流れをつくること」によって、経済を活性化する方策について、議論しました。(2020-10-23 首相官邸)

 ・来年新設するデジタル庁に、国・自治体・民間のデジタル化に責任を持って取り組むための権限をしっかりと持たせる。
 ・オンライン教育の拡大、最先端の医療機器の審査の迅速化など、規制を取り払って、デジタル化を地域活性化や成長につなげる。
 ・テレワークや兼業・副業など新たな働き方に対応した就業ルールを年内に検討する。

 こうした点について、担当大臣に対応を指示しました。変化に対応するスピードと、国民目線での改革に、政府一体となって取り組みます。

ブロックチェーン 一対一経済 ネットワーク経済 お互いさまの経済 結いの経済 共生経済 共同体 クラウドマーケティング 共助システム 支え合い ネットワーク社会 共生社会 セーフティネット おたがいさま おかげさま 共生経済 社会保障制度

自治を失うと全体(グローバリズム)に飲み込まれてしまう


 → 主権を取り戻す!三割自治に未来はない


ネット社会に結いの思想を活かす

住民ひとり一人が情報発信する側に立つと
人間関係資本(定住・交流・関係人口)が増大する
シェアするほど に豊になるネットワーク経済
これを「結い」と言う


情報を制する者が世界を制する

 インターネットが、出現してわずか20年、Google、Amazon.com、Facebook、Apple Inc.の4つの主要IT企業(GAFA)は、世界中の情報を集約し、世界を支配している。これに抗するには、私たちひとり一人が、自分の情報を、自分でコントロールできる技術を身につけ、人と、Person to Person の関係を保ちながら、グローカル(お互いさま)な生活経済圏(地域共同体)をつくる。情報をシェアしたりされたりする共益圏だ。


 → 人間関係が社会経済の基盤 人間関係資本(定住・交流・関係人口)の創出・拡大


ネットに自分のタネを蒔く!

 ネットワークの形成は、自然が万物を生成するように、ゆったりとした成長過程を辿る。従って、性急な成果は期待できない。仮想空間に、どんな種(ドメイン)を、どのフィールドに蒔き、何を収穫したいのか目的がはっきり分かっている人は手入れを怠らない。無給の時期にも耐えられる。独自ドメイン(事業領域)のネットワーキングを推進することによって、自律性の高い事業ができるようになる。これがネット生成の歩み。こうすれば、こうなると言う確信をつかめば、未開の分野に挑んでいける。


 → 地域を豊かにするローカルSDGs 地域循環共生圏をつくる@YuiX_ユイックス


一社一頁運動のススメ!

 インターネットのマーケティング機能を最大限に活かすには、その事やものに独自性が必要だ。そのドメイン(事業領域)を、一枚のホームページにまとめ、公開すると、一見のお客様とのやりとりが始まる。ブランディングとマーケティングとの連動が起り、自社製品商品化が促進される。一つの企業に、一つの企画に、一つの商品に、一枚のホームページ。この一品一頁のネット戦略が一社一頁運動だ。


 → 一社一頁運動


成長戦略 自社製品を自社販路で売る

 他者の開発したネットサービスに加入しても、制約に縛られ、自分の思うような成果は期待できない。ネット商社(ASP)に頼らず、自分で電子店舗をつくる観点が必要だ。ユーザーと直接取引できることが、ブランディングとマーケティングに有効で、インターネットの最大の特徴を最大限に利用することができる。


 → 情報銀行 お互いに情報を運用してお金にする


仕事は言葉の中にある

 おもてなしを言葉に!ホームページは、あなたのコピー。あなたのどんな点をコピーしますか?あなたのビジネスは、どんな言葉の組み合わせの中にありますか?ホームページに、何を語らせ、お客に、何をさせたいのですか?この戦略的ホームページが、ビジネスのカギを握る。情報が人を動かし、マーケティングとブランディングを繰り返しながら、ひとりでに売れる商品や市場が出来上がる。


 → 共感の連鎖 人は命令や権威では動かない


仕事はインターネットの中にある

 20年前、インターネットが、出現した時、多くの経営者は、やっと自分のメディアが手に入った!やっとこれで自分の販路が手に入る!と喜びと期待を持った。インターネットを、上手く使えた経営者は、ローコストで、収益性の高い経営に移行できた。しかし、多くの経営者は、インターネットに、旧来の仕組みや制度を持ち込んだだけで、上手く生かせていない。


 → 広告と販売の自動化 インターネットは広告をしながら販売までできる


ネットと現実は裏表!

 インターネットは、表の世界を情報化し、裏の世界で運用し、その引合(レスポンス)を、表の世界でお金にする。表の世界は、週40時間が稼働時間。残りの時間は、経営からするとロスタイム。事業をするためのコストは、24時間365日掛かっている。このロスタイムを埋めたのが、インターネット。従って、インターネットは、経営には欠かせない。この24時間365日体制の広告と販売の自動化を、如何に実現させるか。この情報技術が経営のカギを握っている。


 → こうすればこうなると言う確信(ビジョン)を持つ!


 ホームページでお金になった!情報がお金になった!と言う”驚きと喜び”を、経営者が一度味わうと、”そうだ!これだ!これがインターネットだ!”と経営者の本能に火がつくもの。このキッカケづくりが、私たちの言う、一社一頁運動。ホームページ経営者が、ネットワークを組み、お客や仕事を、紹介したりされたりする関係になると事業共同体が生まれる。お金に頼らない経営システム、新しい資本主義だ


ネット社会に結いの思想を活かす

お互いの仕事を熟知し、お互いが気にかけ、営業の手助けをする
仕事を紹介したりされたりする相互依存型の経営



人間関係が社会経済の基盤

 この情報は、自分には無意味でも、あの人にとってみれば、「価値がある!」と言うケースはよくあること。自分ではお金にできない引合情報を誰に渡してやるか、このgive and give、おもてなしの精神とこれを上手くネットでシェアする仕組みがあると、おたがいさま、おかげさま、ありがとう!と言える社会が実現する。その見本が、地域共同体の「結いの生き方(OS)」。仕事の借りは仕事で返す。情報は情報で報いる。この等価交換は、お金に質を求めない国際金融資本の暴走にブレーキを掛け、私たちひとり一人が等身大で生きられるようになる。


 → 経済の原資 人間関係資本(定住・交流・関係人口)


the United People of the World

 今、世界中のコンピューターは、インターネットによって一つに結ばれている。だったら、世界中の人々が一つに結ばれることもできそうですね!それを可能にする生き方(OS)が日本にある。結いと言う。

 お互いに知り合った仲間が、お互いの仕事を熟知し、お互いに気にかけ、機会あるごとに仕事を紹介したりされたりする生き方です。この相互営業により、みんなが売ることの不安から解放され、作ることに専念でき、等身大の暮らしができる。ひとり一人が、ある時は主となり、また、ある時は従となって補い合い、結び合うヒューマンネットワーク。この延長に、おたがいさま、おかげさま、ありがとう!と言える”the United People of the World”の運命共同体が実現する。ネットワークの生成は、Give and Give でなされ、回り回って、Give and Take のお互いさまの社会(Wholeworld One household)になる。情けは人の為ならずですね!

 皆様はご存じですか?
どんな数でも0乗すると1になることを!
地球や人類は、今、この0乗の生き方を必要としています。


0乗の思想

 私は中学の理科の授業で”細胞の中心を核、その中心を仁”と習った。論語の仁。人類の祈りが込められている。私たちの60兆の細胞の一つ一つに思いやりが宿っていると考えると優しい心になれる。日本人は、生物や物質を構成しているすべてのものに神が宿っていると信じている。人を粗末にするもの、自然を粗末にするものは廃れる。この宇宙観こそが世界を一つにする0乗の思想。安曇野には、朝の挨拶を過去形で言う習わしがある。目上の人やあまり親しくない人に出会ったら、返礼を求めず、こちらから挨拶をする。そうすると知らず知らずのうちに和んで来る。このようにして地域共同体は成り立っている。(インターネット安曇野 平林登


アフターコロナ、グレートリセットに備える!@YuiX_ユイックス

 実体経済の4倍もの金融資本が、世界経済を揺るがしている。博打のツケを生活費で返してるようなもので、危うく、いつか破綻する。その上、コロナ禍が人々を恐怖に陥れ、人々の繋がりを断ち切り、私たちは、得体の知れないもの(グローバリズム)に飲み込まれ、支配されようとしている。混とんとした無秩序の闇に明かりを灯し、人が人として生きられる道程が、日本文化が生んだ「Yuimix - ユイミックス」。デカップリングに抗する生き方(OS)だ。地域循環共生圏をつくるYuimix - ユイミックスで、グレートリセットしましょう。


 → 個性を失うと全体に飲み込まれてしまう


文明の証明

文明人は、今、生き方(OS)の選択を迫られている。

デカップリング(バラバラに分断する)
グローバル化を推進するOS
人間関係を断ち、小が大を支配する監視社会へ


OR

@YuiX_ユイックス(相互依存の社会を形成する)
グローカル化を推進するOS
お互いさまの結いの思想でヒューマンネットワーク社会に戻す。
(Local ⇔ Global)

@YuiX_ユイックス
the United People of the World

 → 結いの思想をネット社会に活かす えいっこの会


裏から表を変える

 想像してみてください!何もかも飲み込んでしまうブラックホールのように、今、コンピューターが現存するモノや制度をどんどん飲み込んでいます。まさにもう一つの現実が、コンピューターに集積され、物質文明と相待する裏の世界が形成されています。この裏の世界が、インターネットに結ばれ、時間も空間も超越したことにより、私たち一人ひとりの意志が、現実の社会を大きく変えられるようになりました。だからこそ、私たちは、自分らしく生きるためにも、ネットワーク社会の生き方を農村社会の共同体に学び、仕事は仕事で返し、情報は情報で報いる相互扶助の結いの思想を来るベき人間社会の精神風土と考えました。

 そして、これからのエネルギー資源や地球環境を考えると万民が、太陽の恩恵に感謝し、太陽から食糧やエネルギーを授かり、その中で生きるシンプルライフを是とする宇宙観とそれを分かち合い助け合う暮らしが求められている。これは、日本の暮しの歴史を探って見ると、自然と人と共生する文化こそが、日本の生活様式であったことに気づくはずです。


 → 世界が理想とする生き方が日本にある 結いの心



一社一頁運動 ネット主権を取り戻す!


結いの経済!地域共同体

北海道 青森県 岩手県 宮城県 秋田県 山形県 福島県 茨城県 栃木県 群馬県 埼玉県 千葉県 東京都 神奈川県 新潟県 山梨県 長野県 富山県 石川県 福井県 岐阜県 静岡県 愛知県 三重県 滋賀県 京都府 大阪府 兵庫県 奈良県 和歌山県 鳥取県 島根県 岡山県 広島県 山口県 徳島県 香川県 愛媛県 高知県 福岡県 佐賀県 長崎県 熊本県 大分県 宮崎県 鹿児島県 沖縄県




 一社一頁運動 Glocal21は、(有)産広シーアールが運営しています。ダイナミックなインターネットの使い方を知らない事業者がまだまだ多くおられます。これを知れば仕事の仕方が大きく変わります。インターネットの商用利用に確信が持てれば、成長が見込めます。多くの経営者にインターネットの醍醐味を知っていただき、インターネットで仕事になった!と言う驚きと喜びを、一人でも多くの経営者に味わっていただきたい。ネット中小商工業者が日本を変えます。


ふるさと活性化プロジェクト 一社一頁運動!

借り手と貸し手でつくる大家ネット

ライフライン&セイフティネット
the United People of the World


クリア・ウオーター・リバイバル
水につながるふるさと
Clear Water Revival from Azumino,Shinsyu

(C)インターネット安曇野