過去、現在、未来を結ぶ

すべてを一つにする0乗の祈り

おたがいさま おかげさま ありがとう

0乗の生き方 ありがとう おかげさま おたがいさま ルネサンス 安曇野 信州ふるさと通信 インターネット安曇野 長野県安曇野市 ナチュラリアン宣言  Naturalian 人間性解放をめざす スローライフ シンプルライフ 日本人の自然観 宇宙観 倫理観 インターネット安曇野


the United People of the World

 今、世界中のコンピューターは、インターネットによって一つに結ばれています。だったら、世界中の人々が一つに結ばれることもできそうですね!それを可能にする生き方(OS)が日本にあります。結いと言います。

 お互いに知り合った仲間が、お互いの仕事を熟知し、お互いに気にかけ、機会あるごとに仕事を紹介したりされたりする生き方です。この相互営業により、みんなが売ることの不安から解放され、作ることに専念でき、公平で、等身大の暮らしができます。ひとり一人が、ある時は主となり、また、ある時は従となって補い合い、結び合うヒューマンネットワークです。この延長に、おたがいさま、おかげさま、ありがとう!と言える”the United People of the World”の運命共同体が実現します。ネットワークの生成は、Give and Giveでなされます。それを全体から見ると、Give and Takeのお互いさま社会(Wholeworld One household)になっています。皆様はご存じですか?どんな数でも0乗すると1になることを!地球や人類は、今、この0乗の生き方を必要としています。


0乗の祈り

 私は中学の理科の授業で”細胞の中心を核、その中心を仁”と習った。論語の仁です。人類の祈りが込められています。私たちの60兆の細胞の一つ一つに思いやりが宿っていると考えると優しい心になれます。日本人は、生物や物質を構成しているすべてのものに神が宿っていると信じています。人を粗末にするもの、自然を粗末にするものは廃れる。この宇宙観こそが世界を一つにする0乗の思想です。安曇野には、朝の挨拶を過去形で言う習わしがあります。袖振り合うも他生の縁。目上の人やあまり親しくない人に出会ったら、返礼を求めず、こちらから会釈します。そうすると知らず知らずのうちに和んで来ます。素直な気持ちです。このようにして地域共同体は成り立っています。(インターネット安曇野 平林登


 → 0乗の祈り おたがいさま おかげさま ありがとう



 インターネットが出現した1994年頃、長野県をHPで紹介することになり、当時、120市町村あった自治体から要覧を送ってもらいました。驚いたことに、どの市町村にも、「自然を愛し、人を慈しむ」と憲章にありました。これは信州人が自然や人から学んだ倫理観。これが世界を一つにする0乗の生き方なんだ。(インターネット安曇野 平林登)


 → 結いの思想をネット社会に生かす

 → 日本文化が生んだ経世済民



あなたは世界の中心だ!

信州ふるさと通信
インターネット安曇野
azumino@cnet.ne.jp