地域共同体 日本文化の復興,ルネッサンス,クラウドマーケティング 結い 結いの会 共生社会 共助システム 支え合い  ネットワーク社会 共生社会 セーフティネット おたがいさま 共生経済 社会保障制度 コミュニケーションネットワーク おもいやりネットワーク 農村文化 山村文化 漁村文化 山国 下町 人情 民族学 民俗学 暮らしの歴史 講 無尽講 協同組合 生活の知恵 情報の交換 情報の共有 共済会 互助会 経済
一人でできないことはネットワークで!
民間による社会保障制度「結い」
the United People of the World

Whole world One household

お互いさまの社会 結いの生き方

 農村社会では、自作農が共に汗を流し、お互いに労働の融通をしながら、田植えや稲刈りなどを協働でして来ました。みんなの心の貸借表の帳尻が、時間を経てみると、ピタリと収まるからこそ、今だにこうした素朴ではあるが、お互いの対価を相殺し合う、切実な人間的連帯感、人の結びつきが残っています。この地域共同体の相互扶助の精神を、「結(ゆ)い」と言います。この働き方で、蔵が建ち、豊かに暮らせる農家の農村集落が生まれました。

 個人でできないことは共同体で!この思想は、今のシェアリングエコノミー、クラウドマーケティング、SDGs(持続可能な開発目標)、ソーシャル・キャピタル(人間関係資本)の概念に符号します。私たちの暮らしの中には、お互いに分かち合い、助け合う風習が、無尽講など日本のいたるところに残っています。生活の知恵として、民間の内に育ってきた社会保障制度(セーフティネット)です。人間の勤勉さと信義がこれをクレジットしています。

 しかし、人間関係の煩わしさから、お金で済むことは、何でもお金で済ませるようになり、地域共同体はバラバラに分断され、人々は競争社会へと突入し、地域の共有財である絆を失いかけています。


ルネサンス 心の回復

 私たちは、閉息された管理社会に封じ込められ、精神的に無言の圧力をかけられ、いたたまれずに、辛い現実から目をそらし、この苛立ちに空しさを知り、疑うことをやめ、馴致してしまい、諦めることで、生活をエンジョイしているように思えます。負の生き方です。もっと個性的で、もっと創造的に、もっとシンプルに生きるためには、私たちひとり一人が、主となり、結いの生き方を学び直し、自らを解放しなければなりません。

 人の中へ、自然の中へ!
 如何に結び直すか?
 ここに日本の文化がある。


お金には質がある 品性がある

 仕事は、お金以上のものをもたらしてくれます。暮らしやすい社会です。勤勉と信義 日本人は、日本の作法に誇りを持って仕事をすればいい。ものづくりの精神です。ものやサービスに日本人の心が宿っています。作って売る。この一対一の経済は、レバレッジ経済(マネーゲーム)ではなく、働いて稼ぐ、作って売る実体経済を言います。この一対一の経済基盤は、競争ではなく、共生によるお互いさまの人間関係(地域共同体)から生まれます。私たち日本人が、行じて来たお互いさまの生き方です。日本人がこの大和の心を失うと、日本はお金に質を問わない国際金融資本(グローバリゼーション)に飲み込まれてしまいます。



現代社会に”結いの思想”を活かす


メデイア政策 裏から表を変える

 想像してみてください!何もかも飲み込んでしまうブラックホールのように、今、コンピューターが、現存するモノや制度を、どんどん飲み込んでいます。まさにもう一つの現実が、コンピューターに集積され、物質文明と相待する裏の世界が形成されています。この裏の世界が、インターネットに結ばれ、時間も空間も超越したことにより、私たち一人ひとりの意志で、現実の社会を大きく変えられるようになりました。私たちは、自分らしく生きるために、ネットワーク社会の生き方を、この農村社会の共同体の精神に学び、私たちの来るベき人間社会の精神風土と考えます。


競争から共生へ ネットワーク経済

 情報はお金の原資。この情報は、自分には無意味でも、他人にとってみれば、「これがすべてだ!」と言うケースがよくあります。自分では直接お金にできない情報を、誰に渡してやるか、この度量とこれをうまく伝える仕組みがあれば、おかげさま、お互いさまと言える人間社会が実現します。

 情報のやり取り(Give and Take)に、証文は残しません。このことは、これからの経済に、大きな変革をもたらします。みんなが情報発信する側に立つことで、お互いさまの経済、等身大の経営が可能になります。みんなで売れる仕組みをつくるクラウドマーケティング、みんなでお客を紹介したりされたりするシェアリングエコノミー。これらはすべて結いの思想の中にあります。情報時代は、「知っているか、知らないか、やるか、やらないか」の差が、時間と共に、決定的な違いとなって現われます。


 → ネットワーク経済


the United People of the World

 お互いに知り合った仲間が、お互いの仕事を熟知し、お互いに気にかけ、機会あるごとにネットワークを広め、帰属するネットワークの情報力を高めることで、みんなが売ることの不安から解放され、作ることに専念でき、平等で、等身大の生き方ができます。ひとり一人が、主となり、従となって補い合い、お互いに結び合えば、”the United People of the World”の運命共同体ができます。共に生きてゆく思想です。お互いさま、おかげさまのつながりです。ネットワークの生成は、Give and Giveでなされます。全体から見ると、それが、Give and Take、おたがいさま、おかげさまの社会になっています。皆様はご存じですか?どんな数でも0乗すると1になることを!地球や人類は、今、0乗の行動を必要としています。


 → 結いのグランドワーク



事例 笑顔の花 茅房 栄美 安曇野市

 病気で入院する子どもと家族を支えたいとの思いで立ち上げた一般社団法人「笑顔の花」(安曇野市豊科)が、県立こども病院(同)の近くに患者家族の滞在施設「マザーハウス」を開設。

 できる自分を追い求めるのではなく、「できないの」と助けを求めることを練習しているという茅房さん。頼んだり頼まれたりして“笑顔の花”の活動が喜びの循環になることを願っています。これが結いの社会です。


事例 大家ネット 平林 登 安曇野市

 日本のアパートを安くする。大家さんがホームページを持って自分で客付けできるようになると余分な経費が掛からず、尚且つ、お客様にも余分な負担を掛けさせずに済みます。ホームページ大家さんが、地域でネットワークを組むと、お客を紹介したりされたりする賃貸のシェアリングエコノミー(結いの経済)ができます。

 このネットワークが大家ネットです。しかし、アパート賃貸業は実業と言うよりは、投資の対象とされ、大家さんが賃貸の現場からいなくなってしまいました。サブリース制度が賃貸の直接取引を難しくしています。情報を制する者が業界を制する。10年続けてみて言えることは、大資本に飲み込まれてゆく大家さんがいるだけです。


事例 えいっこの会 平林 登 安曇野市

 事業者として、一番有り難いことは、モノを買ってくれること、お客様を紹介してくれること。この仕組み(marketing)を、地域住民(crowd)でつくるクラウドマーケティング。住民が、地域で産み出されたモノやサービスを、消費者として買ったり、広告マンとして、自分のメディア(スマホ等)で、自分のネットワークにシェアします。この活動を地域住民が、みんなで続けると、地域メディアとして育ち、地域をプロモーションする仕組み(安曇野情報センター)ができます。地域を豊かにする互助活動です。


事例 米を作り水を守る安曇野特区構想 平林 登 安曇野市

 三割自治を打破するために住民は何をすべきか?この地域活性化プロジェクトは、安曇野を揺さぶるだけの衝撃度があります。勤勉に働く者が、安心して暮らせる経済基盤を作るキッカケになります。タブーを常識にする挑戦です。


事例 安曇野プロモーションセンター 平林 登 安曇野市

 インターネットで、村おこし、町おこし!山越え、海越えのお金を、ふるさと信州安曇野に呼び込む情報センターです。住民の個人メディアを結集し、住民みんなで、安曇野を発信し、安曇野の存在感を高め関係人口を増やします。このクラウドマーケティング活動(crowdmarketing)を地域の仲間と始めました。第一歩が、市民による一日一頁投稿運動と一社一頁運動です。


現代版「結い」の復興を!


信州スタイル@自然の中へ、人の中へ


地域活性化プロジェクト 一社一頁運動

信州ふるさと通信
インターネット安曇野
azumino@cnet.ne.jp