生活者(生産者=消費者)の生活安全保障

結いの情報相互銀行
生活者の情報資本主義

結いのクラウドマーケティング
生活者(生産者=消費者)の結いのブロックチェーン
情報相互銀行


株主のいない新資本主義 生活者資本主義

 自分ではお金にできない情報をできる人にシェアする。この無限連鎖の結いのブロックチェーンから新しい資本主義が生まれる。人間関係から生まれる情報資本主義とも言えます。原資は私たち生活者(生産者=消費者)が生み出すお互いさまの人間関係資本です。基本は情報の give and give ですからお金ではなく、情報(仕事)の借りは情報で返す結いの經濟です。ネットワーク経済とも言えます。状況によって主客転倒を繰り返す構造、従って、このフローに物言う株主が入り込む余地はありません。お金でこの経済システムを動かせる管理者は一人もいません。お互いに信頼し合うブロックチェーン(情報相互銀行)の概念をOSとしています。


生活者(生産者=消費者)がつくる情報の相互シェアリングシステム

人間関係資本(定住・交流・関係人口)を創出・拡大するインターネットワークマーケティング 一対一経済 ネットワーク経済 お互いさまの経済 結いの経済 共生経済 共同体 crowdmarketing クラウドマーケティング「結い」 共助システム 支え合い ネットワーク社会 共生社会 セーフティネット おたがいさま 相殺経済 社会保障制度 共同体の経済学

生活者(生産者=消費者)が売る仕組みを!
情報相互銀行


つながればパワー!情報相互銀行

私たちは、消費者であり、生産者でもある。 ひとりでに売ったり買ったり、紹介したりされたりするつながりができる。このネットワークが経済の原資である人間関係資本を生む。これをお互いに心のブロックチェーンでそれぞれのバランスシートに収まるように運用するネットワーク機能を情報相互銀行と言う。情報が原資。

つながればパワー!市民(生産者=消費者)が売ったり買ったりするネットワーク
情報相互銀行


 → 心のブロックチェーン 生活者(生産者=消費者)資本主義


Community Relations(共同体)

 事業者は、お金を貸してくれる銀行よりも、物やサービスを買ってくれたり、お客を紹介してくれたり、情報をシェアし売り上げに貢献しててくれる人の方が有り難い。こんな仕事のプラットフォームができるといいですね。このローカルマーケティングシステムを地域住民で作ってしまったらどうだろうか!住民が地域の個人事業主や商工業者の物やサービスを口コミやネットでプロモーションしたらどうだろうか?経済の原資に当たる情報を仲間でまわし合ったらどうだろうか?人間関係資本(定住・交流・関係人口)を24時間365日体制でつくたっらどうだろうか?これがみんなで売る仕組みをつくるクラウドマーケティング(crowdmarketing)です。

 私たち(crowd)は、PCやスマホを当たり前に使っています。地域住民の Community Relations が仲間意識を育み、みんなて、地域で産み出された物やサービスを売り切る仕組みをつくる。私たちは独自にネットワークを持っています。お互いに相互リンクするとマスメデイアを遙かに超えた地域のプロモーション&プロフィットセンターができます。

 

人間関係が経済の基盤 生活者(生産者=消費者)の共同体


 → 人間関係が社会経済の基盤
生活者(生産者=消費者)の事業共同体
community economic relations


Slowly but Surely

 歩みは鈍くても確実に、crowdmarketingは現実になります。地域住民が目先の成果を追わず、地域の共有財をつくるんだ!という長期ビジョンで捉えるようになると地域シェアリイングシステムができます。私を例に挙げると、Facebookのフォロアー約7千名、Teitterのフォロアー約3万名、その他、ブログ、Youtube,検索されるHP等で情報を紹介したり拡散する力を持っています。私のような人間が地域に千人規模で育つと地域の産業構造がお客様志向に大きく変わります。


人間関係資本(定住・交流・関係人口)を創出・拡大するインターネットワークマーケティング 一対一経済 ネットワーク経済 お互いさまの経済 結いの経済 共生経済 共同体 crowdmarketing クラウドマーケティング「結い」 共助システム 支え合い ネットワーク社会 共生社会 セーフティネット おたがいさま 相殺経済 社会保障制度 共同体の経済学

あなたのネット習慣が地域を豊かにする!


住民が情報発信する側に立つ

 インターネットが出現した時、これでやっと自分のメディアが手に入る!これで自分の販路ができる!と喜びと期待を持ったものです。しかし、多くの人々は醍醐味を享受していません。逆に、富める者は益々富み、貧しい者は益々貧しくなっています。原因は、デジタル・トランスフォーメーション(DX)ができなかったからです。


 → 地域住民がDX住民になる!


コミュニティメディアが育ってくると地域は豊かになります。

 → 住民が地域の個人事業主や商工業者を営業支援するコミュニティメディア crowdmarketing


情報の仲間まわし 結いのシェアリングシステム

 私たち生活者は、生産者と消費者の顔を持っています。地場産品を売ったり買ったり、お互いに営業をしたりされたりすると地域経済は回り、地域で消費したお金は地域の誰かの収入になります。この情報は、自分には無意味でも、あの人にとってみれば「これがすべてだ!」と言うケースがよくあります。自分ではお金にできない引合情報を誰に渡してやるか、この度量とこれを上手くシェアする仕組みがあれば、情報の仲間まわしが起こり、ネットワークの質量は拡大し、セイフティーネットの機能が高まります。

情報のシェアリングシステム

 情報のシェアリングに証文は残しません。情報の売買は御法度です。情報の借りは情報で返す。この情報の価値交換の連鎖は、仲間の団結力を高め、富の集中を抑え、お金に質を求めない国際金融資本(グローバリズム)の暴走にブレーキを掛けることができます。これは全てをお金に頼らずとも、豊かな暮らしや経営ができることを意味します。私たちの暮らしの中にある知恵です。日本文化「結い」は、世界の経済システムを大きく変えるパワーを持っています。


人間関係資本(定住・交流・関係人口)を創出・拡大するインターネットワークマーケティング 一対一経済 ネットワーク経済 お互いさまの経済 結いの経済 共生経済 共同体 crowdmarketing クラウドマーケティング「結い」 共助システム 支え合い ネットワーク社会 共生社会 セーフティネット おたがいさま 相殺経済 社会保障制度 共同体の経済学

心のシェアリングエコノミー


 → ネット社会に結いの思想を生かすOS!@YuiX_ユイックス


ファミリーメディア

 聞きなれない言葉ですが、これもクラウドマーケティングの一部です。家族それぞれが自分のメディア(HP,ブログ、SNS等)で、自分のネットワークをつくり、事あるごとにネット仲間にシェアし、家族の活動を支援します。インターネットには過去を資産化し、現在に活かし、未来をつくる力があります。日々のネット習慣が人を助ける。これをマスで捉えると家族や地域をバックアップするマーケティンシステムグです。


ファミリーメディア

人間関係が経済の基盤 経済の原資である情報を生み出す


ネットワークは数、質は理念に同化する

 資金調達にクラウドファンディングがありますが、これが量より数の典型的な例です。小口の出資者を数多く集めることで目標金額を達成させる。たとえば、1億円の目標額を数人の大口出資者にお願いするよりは、1万円の出資者を1万人集めた方がマーケティングに大きなメリットがあります。投資と言うよりは趣旨に賛同して身銭を切った人々ですから、事業のサポーターであり、時には広告マンになったり、セールスマンになってくれる可能性があります。

 ネットワークの持つ理念に人は同化されるものです。どんな人にも人間関係(ネットワーク)があります。人がネットワークを組むと言うことは、ネットワークを組む相手のネットワークとつながりを持つことです。従って、どの階層にフィットする人がいるか分かりません。いつかはフィットするであろう柔らかなネットワーク、言い換えるとネットワーキングは、質より数を追った方がネットワークの質量を高める可能性があります。

ネットワークは数、質は理念に同化する

 上記のクラウドマーケティングも同じことが言えます。マスメデイアや商社に頼らなくても、私たちは、個人のネットワークのネットワークで広告や販売ができるようになりました。想起すべき点は、情報時代の経済の原資とも言える人間関係資本(情報とネットワーク)を時間と共に拡大・蓄積させて行くことです。


 → 人間関係資本(定住・交流・関係人口)は地域経済の基盤


国民ひとり一人が情報発信する側に立つと日本は変わる


インターネットで村おこし、町おこし

 住民ひとり一人が自分のホームページで、情報発信し、ネットに根づき、存在感を高め、緩やかなネットワーク(人間関係)を広める。そこで自分の仕事や地域をプロモーション(宣伝・広告・販売)したり、引き合い情報を必要な人にシェアしたりされたりする。この共有財は行政ではできません。インターネットは行政も住民も同格で1に過ぎません。ネットワークは数!DX住民のネットワークには叶いません。

 インターネットで、村おこし、町おこしをする理想的な形態は、住民ひとり一人が自分のサイトを運営し、自分の情報を自分で管理します。DX住民がオープンネットワークを組むことによって、インターネットのマーケティング機能を最大限に発揮できるようにします。ここには管理者はいません。ネットワークの理念がマーケットメーカーになります。

インターネットで村おこし、町おこし


 全国池田商工サミット 基調講演「情報銀行のススメ!
中小企業の弱点を助ける相互営業事業
商工会の役割 月刊誌「商工会」 IT特集 対談 全国商工会連合会 発行 8月号(通巻 505号 2001)

三割自治を打破するために住民は何ができるか?

 長野県のある村では、職員賃金25%減額や山村留学などの事業の縮小、役場職員の手弁当での水道検針など地元の新聞報道を見るにつけ、財政状況の深刻さがわかります。しかし、行政コストの削減だけでは、根本的な解決にはなりません。そこで、インターネットと住民パワーを結集して、山越え、海越えの人々と関係を深め、県や市町村にお金を呼び込む活動。これがクラウドマーケティングです。

 作ることはできても売ることができませんでした。作り手に、「広告と販売」の手立てがなかったからです。このマーケティングの仕組みを、地域住民みんなで作り、地域で産み出された生産物を売り切る。これがインターネットで村おこし、町おこしの理想像です。


 → 一日一頁投稿運動 社会変革を起こすルーチンワーク


競争から共生へ

 インターネットが出現してわずか20年、情報を制する者が世界を制する。確かにこの間に、Google、Amazon.com、Facebook、Apple Inc.の4つの主要IT企業(GAFA )は、世界中の情報を牛耳り、国を超え、世界を支配しています。パワーバランスが大きく変わりました。これをどうにかしたい。この手がかりが日本の農村社会の生き方にあります。「結(ゆ)い」と言います。物や事の等価交換により、あまりお金に頼らない生き方です。この相殺経済の連鎖は、GAFAを瓦解させる可能性があります。


結いの思想をネット社会に活かす!@YuiX_ユイックス


シェアするほどに豊かになるネットワーク経済

 分かち合うほどに豊かになる。農村社会では、自作農が共に汗を流し、お互いに労働の融通をし、田植えや稲刈りなどを協働でして来ました。みんなの心の貸借表の帳尻が、時間を経てみるとピタリと収まるからこそ、今だにこうした素朴ではあるが、お互いの対価を相殺し合う、切実な人間的連帯感、人の結びつきが残っています。この共同体の相互扶助の精神を「結(ゆ)い」と言います。この働き方で、蔵の建つ農家が生まれました。


ネットワーク経済 分かち合うほどに豊かになる


ネット社会は裏から表を変える


インターネット戦略

 想像してみてください!何もかも飲み込んでしまうブラックホールのように、今、コンピューターが現存するモノや制度をどんどん飲み込んでいます。まさにもう一つの現実が、コンピューターに集積され、物質文明と相待する裏の世界が形成されています。この裏の世界が、インターネットに結ばれ、時間も空間も超越したことにより、私たち一人ひとりの意志で、現実の社会を大きく変えられるようになりました。


原始資本主義 等価交換


情報のシェアリングエコノミー

 この情報は、自分には無意味でも、他人にとってみれば「これがすべてだ」と言うケースがよくあります。自分では直接お金にできない情報を誰に渡してやるか、この度量とこれをうまく伝える仕組みがあれば、おかげさま、お互いさまと言える循環型社会が実現します。


 → 結いのシェアリングエコノミー!Yuimix


ネットワーク資本 社会関係資本

 仕事仲間が、お互いの仕事を熟知し、お互いに気にかけ、機会あるごとに営業したりされたりする。今までの経営は、営業も経営もすべて自己責任。せめて、営業はお互いに協力し合える仲間と事業共同体を組織し、共有できる資産を増やすことで、経営基盤の底上げを図ります。


インターネットワークマーケティング 情報相互銀行


ネットワーク経済

 農村社会では、自作農が共に汗を流し、お互いに労働の融通をしながら、田植えや稲刈りなどを協働でして来ました。みんなの心の貸借表の帳尻が、時間を経てみるとピタリと収まるからこそ、今だにこうした素朴ではあるが、お互いの対価を相殺し合う、切実な人間的連帯感、人の結びつきが残っています。この循環型社会の共同体の精神を「結(ゆ)い」と言います。この働き方で、蔵の建つ農家が生まれました。


 → ブロックチェーン


 みんなで売れる仕組みをつくるクラウドマーケティング、みんなでお客を紹介したりされたりするシェアリングエコノミー、等価交換と心のバランスシートで結ばれているブロックチェーン。これらはすべて結(ゆ)いの思想の中にあります。


 → 三割自治を打破するために住民は何をすべきか?


アフターコロナ、世界恐慌に備える!

 実体経済の4倍もの金融資本が世界経済を揺るがしています。博打のツケを生活費で返すようなもので、いつか破綻します。その上、コロナ禍が人々を恐怖に陥れ、人々の繋がりを断ち切り、私たちは、得体の知れないものに支配されようとしています。これにリセットを掛け、人が人として生きる処し方(OS)が、自立と共生の Yuimix です。自然の生命力と人間の勤勉さと信義で、混とんとした無秩序に道を開く。結いの地域共同体の復活です。


 全国池田商工サミット 基調講演「情報銀行のススメ!
中小企業の弱点を助ける相互営業事業
商工会の役割 月刊誌「商工会」 IT特集 対談 全国商工会連合会 発行 8月号(通巻 505号 2001)

失われた30年からの脱却

失われた30年から脱却するために、
私たちは何をすべきか?

国破れ山河あり
農は国の大本なり
米を作り水を守り人をつくる


 情報時代は、「知っているか、知らないか、やるか、やらないかその差が、時間と共に、決定的な違いとなって現われます。



 一社一頁運動 Glocal21は、(有)産広シーアールが運営しています。ダイナミックなインターネットの使い方を知らない事業者がまだまだ多くおられます。これを知れば仕事の仕方が大きく変わります。インターネットの商用利用に確信が持てれば、成長が見込めます。多くの経営者にインターネットの醍醐味を知っていただき、インターネットで仕事になった!と言う驚きと喜びを、一人でも多くの経営者に味わっていただきたい。中小商工業者が日本を変えます。


地域活性化プロジェクト 一社一頁運動!

借り手と貸し手でつくる大家ネット

☆ライフライン&セイフティネット☆
the United People of Japan


クリア・ウオーター・リバイバル
水につながるふるさと
Clear Water Revival from Azumino,Shinsyu

(C)インターネット安曇野