一人一頁、一社一頁運動のススメ!

つながればパワー!情報相互銀行

私たちは、消費者であり、生産者でもある。 ひとりでに売ったり買ったり、紹介したりされたりするつながりができる。このネットワークが経済の原資である人間関係資本を生む。これをお互いに心のブロックチェーンでそれぞれのバランスシートに収まるように運用するネットワーク機能を情報相互銀行と言う。情報が原資。


一人から始まる地方創生
つながればパワー!
市民(生産者=消費者)が売ったり買ったりするネットワーク
情報相互銀行

お客さま(情報)を斡旋してくれる銀行がいいね!
生活者資本主義!情報相互銀行


情報相互銀行 情報のシェアリングエコノミー


株主のいない新資本主義 生活者資本主義

みんなが、お互いに手にした情報をシェアしたりされたり、フォローしたりされたりすることによって、お客や仕事を紹介したりされたりすることができます。株主資本主義に抗する生き方です。私たち生活者は、生産者であり、自分ではお金にできない情報をできる人にシェアする。この無限連鎖のブロックチェーンから新しい資本主義は生まれる。原資は、シェアする心から生まれる人間関係資本です。基本は情報の give and give ですからお金ではなく、情報(仕事)の借りは情報で返す。状況によって主客転倒を繰り返す構造ですから、このフローに物言う株主が入り込む余地はありません。従って、お金でこの経済システムを動かせる管理者は一人もいません。心にブロックチェーン(情報相互銀行)の概念を持つ必要があります。


一人から始まる地方創生
生活者資本主義!情報相互銀行
原資は情報(人間関係資本)を運用する新しい資本主義

日本文明に立脚した新しい資本主義をつくる


情報のシェアリングエコノミー

 この情報は、自分には無意味でも、あの人にとってみれば「価値がある!」と言うケースはよくあることです。自分ではお金にできない引合情報を誰に渡してやるか、この度量とこれをシェアする仕組みさえあれば、おかげさま、お互いさまと言える社会が実現します。
情報の貸し借りに証文は残しません。情報は情報で報いる。仕事は仕事で返す。この価値交換は、お金に質を求めない国際金融資本の暴走にブレーキを掛け、自己完結、地域完結型の経済活動を可能にし富の一極集中を阻止します。これは全てをお金に頼らずとも、豊かな暮らしや経営ができることを意味します。人の中へ、自然の中へ!私たちの暮らしの中からの知恵です。この農村社会の共同体の精神「結い」は、世界の経済システムを人類のために大きく変えるパワーを持っています。

情報のシェアリングエコノミー


情報を制する者が世界を制する

 情報はお金の原資。インターネットが出現してわずか20年、Google、Amazon.com、Facebook、Apple Inc.の4つの主要IT企業(GAFA )は、世界中の情報を一極集中させ、一元管理することで、国をも超えた力を持ち、世界を支配するまでになっています。これに抗するには、私たちひとり一人が、自分の情報を、自分でコントロールし、情報を運用してお金にするノウハウを身につけ、自立したPerson to Personのプラットフォームを作らなければなりません。


情報をお金にする 情報と経営
情報資本主義


一社一頁運動

 一社一頁運動は、企業や個人が、得意とする業務やサービス、最重点の強味(コアコンピタンス戦略)、オリジナル商品、技術などの特長を、一枚のホームページにまとめ、広く公開し、ホームページを、営業マンにしようとする運動です。一つの企業に、一枚のホームページ、一つの商品に、一枚のホームページ、という考え方です。お客様に、きちんとアクセスされれば、無駄な時間やお金を使わないでも、お客様との商談のキッカケができ、等身大の経営ができます。


 → 一社一頁運動


 また、お客様とを結ぶキーワードで、思い通りに検索される、という自信がつけば、経営者のマインドが自然と、インターネットの用途開発に向かいます。ご自分の仕事を文書化して、人に伝える作業は、しんどいものですが、これが、情報戦略の出発点です。情報発信する側に立つことです。これさえしっかりとしておけば、自立の道が開けます。自分のメディア(my media)を持ち、自分(my content)を、自分のネットワーク(my network)でプロモーションする。インターネットは、自立のためのツールです。


 → 検索されるホームページ


 ホームページを開設したものの、アクセス数が少なく、「受注に結びつかない」、「顧客からのレスポンスが無い」といった悩みを、多くの経営者が抱えています。導入当初は、営業力として期待したものの、ホームページが、ビジネスに有効利用されないことから、その更新を怠り、半ば運用休止状態に陥っているページも多くあります。莫大な不良資産となっています。原因は何か それは、ホームページが、その情報を、必要とする人に、きちんとアクセスしてもらえる仕組みになっていないからです。時間とお金と思いを込めてつくったホームページが、インターネットの中に眠っています。


 → 売れる自分をつくる


情報をお金にする

 アクセスされない莫大なホームページが、お客様に、きちんと見てもらえるようになれば、事業コストが下がり、市場に向かって大きく動きだします。情報の運用こそが、日本産業再生の最大の課題です。なぜならば、現業とホームページは、表裏一体の関係にあり、情報化時代の生産性は、ホームページ、情報の運用の成果によるところが大きく、そのまま、GNP(国民総生産)に直結するからです。

 → ネット社会に結いの思想を活か @YuiX_ユイックス


遊休資産を再資源化する

 ホームページの構造的な欠陥を改善し、情報を運用し、引き合い情報の創出を図り、情報をお金にするまでの一連の仕組づくりを見直す必要があります。お客様とをつなぐキーワードで、きちんと検索されるようにホームページの再構築を図ります。特に、事業領域をキーワードで再構築し、その業界や地域を代表するポータルサイトに育てます。事業内容を的確にヒアリングし、きちんと理解した上で、引き合い情報が創出されるようにします。「情報がお金になった!」という驚きと喜び、今までホームページに掛けてきた時間やお金が資産に変わった!という感動を味わいましょう。

 ※情報銀行とは、ネット商社とは異なり、企業や個人が、自分の管理で産業情報を集積・運用し、引合情報を創出し、情報をお金にするネット機能を言う。

 ここで言うネット戦略とは、Google,Yahoo,SNSの持つマーケティング機能を最大限に利用するセールスプロモーションを言います。検索エンジンに、お客様とをつなぐキーワードを打ち込み、ページ検索をしてみてください。思惑通りにホームページ(HP)にアクセスできれば、その分、ビジネスは優位に働きます。特定のキーワードに対して、個人も、企業も、団体もすべて同格に検索されます。従って、小が大を制するチャンスがあります。個人でも大企業に伍して特定分野で戦えるチャンスがあります。


 → 有形、無形の資産の棚卸し 資産をお金にするプラットフォームをつくる


失われた30年から脱却するために、
私たちは何をすべきか?

国破れ山河あり
農は国の大本なり
米を作り水を守り人をつくる




 一社一頁運動 Glocal21は、(有)産広シーアールが運営しています。ダイナミックなインターネットの使い方を知らない事業者がまだまだ多くおられます。これを知れば仕事の仕方が大きく変わります。インターネットの商用利用に確信が持てれば、成長が見込めます。多くの経営者にインターネットの醍醐味を知っていただき、インターネットで仕事になった!と言う驚きと喜びを、一人でも多くの経営者に味わっていただきたい。中小商工業者が日本を変えます。


通信情報ネットワーク 一社一頁運動!

借り手と貸し手でつくる大家ネット

☆ライフライン&セイフティネット☆
the United People of Japan


クリア・ウオーター・リバイバル
水につながるふるさと
Clear Water Revival from Azumino,Shinsyu

(C)インターネット安曇野