脱一億総サラリーマン化政策

売れる自分をつくる


特定のキーワードに対して、個人も、企業も、団体もすべて同格である

 小が大を制するチャンスがあります。個人でも、大企業に伍して戦えるチャンスがあります。YAHOOで、お客様とを結ぶキーワードを打ち込み、ページ検索してみてください、思惑通りに機能しますか。独自ドメインで、HPを運用しなくても、プロバイダーの提供するユーザーサイトで、階層の深いところに、位置している長いURLでも、特定のキーワードに対して、同格に検索されます。(キーワード検索

自分を売り込む セルフプロモーション

 個人においても、会社と社員との雇用形態が、劇的に変わり、給与体系も、個人の実績に応じて支払われる、出来高払いが、当り前になります。企業は、バブル崩壊の反省から、自己資金力を高め、現金で決済できるように、業務変革を進めています。想像してみてください。カウンター業務、フロア業務、外交、営業など、会社の看板は利用するものの、クライアント、カスタマーから、名指しで引き合いを受ける関係が益々一般化します。実績を上げるためには、会社独自の販売促進とは別に、個人が、自らをプロモーションする手だてが必要となります。これがマイメディアで、独自のネットワークをつくり、販売力を上げるセルフサポートの考えです。これは、ライフステージが、如何に変わろうとも、キャリアサポートします。

 既存のセーフティネットが、崩壊し始めています。依存型の安全保障から、自立型のセーフティネットを構築する、転換期に差し掛かっています。自らをプロモーションし、自らを支えるマイメディア&ネットワークづくりが是非とも必要です。
 他者のネットワークに、参加したとしても、その傘下の構成員に、留まるのではなく、あくまでも、そのネット輪を、あなた独自のセーフティネットに、組み込んでしまう戦略が必要です。

 雇いも、雇われもしない、自由人の出現 21世紀型ライフスタイルの象徴です。自立と自由を求める機運は、サラリーマンや若者から起こってきて当然です。ビジネススタイルとして、ダブルワークも、トリプルワークも、副業、多業なんでもあり、生活保障は、自分でするものだという発想の転換です。

ホームページの活性化、再資源化・・・HPを営業マンにする

 ホームページが、お客様と結ばれ、24時間365日、営業マンとして、私たちに代わって、働いていてくれると考えると楽しくなります。 これが、セルフプロモーション型ホームページです。インターネットが、商用目的で使われ出して、既に15年になろうとしています。導入目的は、24時間365日体制で働く、広告と販売の自動化にあったはずです。しかし、この目論見に、失望感を抱いている、経営者は多くいます。自分の黒子であるはずのホームページ(HP)が、自分に代わって、営業をしてくれないからです。その原因は、表現技法の高度化に伴い、ハードやソフトの技術習得に翻弄され、インターネットの核心でもある、”必要とする人に確実にアクセスしてもらえる仕組みづくり”をしてこなかったからです。実際に、15年前のPCにも、15年前に開設したHPにも、十分にお客様とWebコミュニケーションの図れる機能はありました。

 日本のインターネットをどうにかしたい

 HPに構造的な欠落があるために、検索エンジンに対応しないHPが数多くあります。グラフィックや技術プレゼンテーションに、目が奪われ、公開したいHPに、不本意にも、自らの手でファイアーウオール(障壁)を掛けたり、自分のメディアとして、開発しなければならないものを、他社の開発したサイトやモールにすべてを任せ、これでインターネット対策は、万全だと勝手に思い込んでしまたっりと、これでは、既存の制度や組織を、ネット上にコピーしたに過ぎず、インターネットの特性でもある、マイメディア&ネットワーク、自立と共生の精神が、活かされていません。

 検索されないホームページ



 一社一頁運動 Glocal21は、(有)産広シーアールが運営しています。ダイナミックなインターネットの使い方を知らない事業者がまだまだ多くおられます。これを知れば仕事の仕方が大きく変わります。インターネットの商用利用に確信が持てれば、成長が見込めます。多くの経営者にインターネットの醍醐味を知っていただき、インターネットで仕事になった!と言う驚きと喜びを、一人でも多くの経営者に味わっていただきたい。中小商工業者が日本を変えます。


通信情報ネットワーク 一社一頁運動!

借り手と貸し手でつくる大家ネット

☆ライフライン&セイフティネット☆
the United People of Japan


クリア・ウオーター・リバイバル
水につながるふるさと
Clear Water Revival from Azumino,Shinsyu

(C)インターネット安曇野